欠陥住宅を買わないために

家を建てるときは業者任せにしない

「家を建てる」といっても、その工法や技術、
営業方法等は多様化し、高度化しています。

 

そして、家づくりに関するトラブルも複雑で、多岐に渡っています。

 

家を建てるときにトラブルに巻き込まれると、
施主は、そのトラブルの原因は、業者の怠慢や悪意によるものだと
思うことが多いようです。

 

ですが、その多くは、業者の誤解や身勝手を許した施主の原因が
トラブルを招いていると言っても過言ではありません。

 

とはいっても、家を作るのは本当に難しい事です。

 

「素人が口を挟むよりも、
プロである業者に任せたほうが良い」
と考える人が大半だと思います。

 

ですが、この考えが、業者の独断、そして怠慢を招き、
結果、トラブルになってしまいます。

 

「信頼できる業者に任せれば大丈夫!」
と思うかもしれませんが、
では、信頼できる業者を選ぶにはどうすれば良いのでしょうか。

 

それはとても難しい事です。

 

また、業者任せで起きたトラブルに対しては、
需要者責任を問われるので法廷では冷淡で、
損害の補償も思うように受けることが出来ません。

 

特に、家を建てる年齢の人たちは、
働き盛りで多忙なことが多く、
どうしても業者任せになりがちです。

 

「業者に任せておけば間違いない!」
などと思っていると、一生の大事業の失敗につながります。

自分の意思と責任で家を建てるには

一生の大事業の失敗を招かないようにするには、
建築主が、業者任せにしないで、
自分の意思と責任で家を建てる必要があります。

 

さて、建築士とは、どのような人のことを言うのでしょうか。

 

建築士というと、「設計をする人」と言うイメージがあります。

 

しかし、建築士が国家資格として与えられている権限と役割は、
「設計」をするためにあるのではありません。

 

設計の悩み、業者選びの不安、見積もりの評価、工法への疑問、
物件購入の判断、契約の不備、工事現場の疑問、
欠陥住宅への対処など、建築士の存在は重要な役割を果たします。

 

建築士の基本的な役割は、市民の生命財産を守るために、
国が定めた法規に照らし、適正な建築がされるように
指導し、管理することにあります。

 

ですから、建築士は第三者的な客観性を持ち、
建築の構成を保つ義務があります。

 

家つくりを考えるとき、どのように信頼できる建築士を探すべきなのでしょうか。

 

まず、自分の街で開業している設計事務所を訪ねてみましょう。

 

能力のある建築士であれば、
さまざまな相談に対して適切に答えてくれるはずです。

 

自分が抱えている問題や手助けが必要な事柄について、
率直に、具体的に相談してください。

 

納得が出来る答えが出てこない建築士、
まず、設計の契約をしてから・・・というような建築士は止めておきましょう。

 

後で、不愉快なトラブルになると困りますから、
建築士に支援をお願いする場合は、
事前にかかる費用を確認し、見積書を提出してもらう事をおススメします。

 

「無料です!」といわれたら要注意。
どこまでが無料なのかを確認しましょう。