欠陥住宅を買わないために

家つくりのための保険制度

家つくりには、さまざまなリスクを伴います。

 

ですから、施工業者を選ぶときにも、
保険制度の加入の有無について確認し、
想定される事故に対処できるようにしておかなければなりません。

家づくりに関するリスク

家づくりには、以下のようなリスクを伴います。

 

(1) 工事業者のミスにより、隣近所の住人に迷惑をかける。

 

  ・住宅の外壁の吹き付け中、風によって塗料が飛散し、隣家の自動車を汚す。

 

  ・生コンが強風によって飛散し、隣家の外壁や自動車を汚す。

 

  ・建築資材運搬中、業者のトラックが隣家の塀にぶつかり、塀が破損する。

 

このようなことが起こると、通常は、
請負賠償責任保険といわれる保険で担保します。

 

ですから、このようなことが起きれば、
保険代理店には事故報告が入ります。

 

工事現場に出入りする大工、左官屋、塗装屋、板金屋、内装屋、
水道屋、電気屋など多くの職人さん全てが
保険に加入していれば問題はありません。

 

ですが、実際には入っていないことも多く、
仮に業者が保険に加入していても、
塗料や生コンの飛散については、保険加入の仕方により、
補償されない場合もあります。

 

(2) 工事業者のミスで、施主が迷惑を被る。

 

  ・ 給排水管工事の管の接続不良が原因で水漏れし、
   建物や家財に水漏れが生じる。

 

  ・ ボイラーの煙道の継ぎ目工事が不完全で、
   ずれて外壁に焼損が生じる。

 

  ・ ユニットバスの設置が不完全で、排水管から水漏れする。

 

このようなことが起きると、
生産物賠償責任保険(PL保険)で担保されるのが通常です。

 

しかし、たとえば、実際に起きたボイラーの設置で、
吸気と排気を間違えて、入居者が死亡したというような事故や、
排水管の付け替え作業をする際、
ユニットバスの壁面を破損したという二次損出の補償については、
PL保険ではカバーされません。

 

(3) 工事現場が放火されるなどし、施主の建物自体に損害が生じる。

 

  ・ 完成間近の住宅のキッチンで排水管がはずれ、
   功範囲にわたる水漏れが発生する。

 

  ・ 建築中の建物に、スプレーで落書きをされる。

 

  ・ 豪雨により下水道のマンホールより水が溢れ、
   基礎工事の出来上がった部分に損害が生じる。

 

このようなことが起きると、通常は、建設工事保険で担保されます。

 

新築現場は、多くのリスクにさらされ、
資材から工具に至るまで盗難事件も増えていますし、
放火魔も狙ってきます。

 

放火によって建築中の建物が全焼した場合などは、
施主の被害はかなり甚大です。

 

その損害は誰が背負うのでしょうか。

 

業者が負担してくれたとしても、
施主としては、引渡しが送れ、仮住まいの費用がかさむ事になります。

 

(4) 工事業者が倒産し、建物が完成しない。

 

倒産リスクには、「前払い金の保証」と、
「工事履行の保証」の二つがあります。

 

倒産リスクに保険で対応する場合は、
履行保証保険、或いは信用保険で対応することが考えられますが、
どちらの保険も施工業者が単独で加入する事はできませんし、
引き受け基準もハードルが高いです。

 

そのほかにも、家づくりには、以下のようなリスクを伴います。

 

・ 打ち合わせの内容と完成した建物が違う。

 

・ 予定工期が間に合わず、仮住まいの費用がかさむ。

 

・ 工事内容の変更に伴い、法外な見積もりを出される。