欠陥住宅を買わないために

棟梁とは

かつては、「棟梁」と呼ばれる人が現場を仕切っていました。

 

棟梁は、職人である前に営業担当者であり、
設計担当者であり、現場監督でした。

 

そして、全てを把握し、良い家を作ることを己の信条にしていました。

 

このような棟梁は、自分の現場に対して誇りを持って接していたため、
工事の手を抜くということはありえないことでした。

 

大工仕事だけでなく、左官、屋根職、建具など、
家つくりにかかわるあらゆることを自分の仕事として責任を持ち、
施主に対していい仕事を納める事を使命だと心得ていたのです。

 

ですから、施主は、棟梁さえきちんとした人を選べば、
家づくりの進み具合をがどのように進むかを安心していることができました。

現代は棟梁は無し!

現代も、以前のように「棟梁」と呼ばれる人が現場を全て仕切って
家づくりをしているところもあります。

 

しかし、それはほんのごく一部です。

 

現代は、営業担当者は契約を取ることだけを考え、
契約を取れば後は知らない・・・という状況です。

 

設計担当者は机にかじりつき、
図面を期日までに仕上げる事に集中しています。

 

現場担当者は、とにもかくにも契約工期内に工事を完了し、
期日内に引き渡す事を使命としています。

 

細かな作業でも、工程ごとに担当者が決まっていて、
自分の担当が終われば、後は知らない・・・という状況です。

 

このような分業システムが、家づくりに伴うトラブルを続出させているのです。

 

無責任体制と言う分業化の悪い面が、露呈してしまっているのです。